qrcode.png
https://www.sakurazaurusu.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 
 
特定非営利活動法人
さくらザウルス
〒232-0044
神奈川県横浜市南区榎町1-1-5
フレア吉原1F
TEL.045-711-4666
FAX.045-711-2665

──────────────────
 
452356
 
  • ホーム  > 
  • さくらザウルスレポート
 

さくらザウルスひろばレポート

さくらザウルスひろばレポート
フォーム
 
レジン工作(蒔田ひろば)
2016-01-21
12月10日に蒔田ひろばで、お父さん1人を含む6人で、レジン工作を行いました。
参加した皆さん、すごい集中力!
土台に色を塗ったり、パーツを載せたりと細かい作業ばかりでしたが、
「こんなこと家で子どもといるときにできないね~」と話しながら、
どんどん作っていました。
追加の材料も用意したので、2つ目や3つ目を製作される方も。
すてきなアクセサリーがたくさん完成しました!
 
 参加者の感想 
レジンを作るのは初めてでしたが、わかりやすく教えてもらえたので作ることができました。
  楽しかったです。
 
すごく楽しかったです。家にいるとなかなかできないのですが、子どもを連れて外にでるのも
 気分転換になるし、それにプラスしてこんなかわいい工作ができて幸せな気分になりました。
 
子どもがいると、なかなか細かいパーツを使った作業はやりたくてもできないので、久しぶりに
 集中できて自分のリフレッシュにもなりました。
 
クリスマス会(六ツ川ひろば)
2015-12-25
 
12月8日六ツ川ひろばでクリスマス会が開催されました。
朝、ひろばが開所すると「混雑するかも知れないから早めに来ました」と、来所してくる方がいました。
その方の予想通り、クリスマス会は44組の方が来所し、お子さんだけでも57人!! 大勢でクリスマス会を楽しみました。

ギュウギュウのひろばの中で、まずはお話し会からです。くまのパペットが赤いサンタ帽子をかぶりご挨拶。
大型絵本の「まどからおくりもの」、手遊びの「グーチョキパーでなにつくろう?」ではクリスマスバージョンで楽しみました。
 
おはなし会の後は持ってきたペットボトルにシールを貼り付けオリジナル楽器づくりキラキラのシールが貼られると「きれいだね」と声が聞こえました。
楽器が出来上がったところで、ピアノを弾いてくれる利用者さんの紹介がありました。その後みんなで作った楽器をならしながら「ジングルベル」「赤い鼻のトナカイ」を歌っていると玄関からお客様が…鈴の音と一緒に(スタッフが扮する)サンタクロースが登場しました。
みんなの歌声に誘われてクリスマス会に来てくれた様です。
 
会場のみんなで「あわてんぼうのサンタクロースを」歌うと、楽しそうな様子を見て歌にあわせてサンタさんは陽気に踊り出しました。
その後は、持ってきたプレゼントをお子さんに1人ずつに手渡し、ハグをしたり、写真をとったりしてお子さんたちとのふれあいを楽しんで帰って行きました。
 
 参加者の感想 
 
スタッフの方々が色々と楽しい遊びをたくさんして下さり感謝しています。娘も喜んでいました。サンタさんには少しビビッていましたが?! 来年もぜひ来たいです。ありがとうございました。(A さん)
 
初めて参加させていただきました。こんなに沢山のおともだちが集まるなんて驚きました!。イベント内容もとてもステキで親子共々楽しませてもらいました。ありがとうございます。来年もぜひ参加したいです。(Nさん)
 
長すぎず短すぎずちょうど良かったです。(^^)。息子がまだ10ヶ月なのできょとん?として始終よく分かっていなさそうでしたが…、歌をうたってわいわい過ごす空間がいい刺激になったと思います。ありがとうございました。(M・S)
 
 
六ツ川ひろば感謝デー
2015-12-20
11月24日(火)六ツ川ひろばで感謝デーを開催しました。
前日からの雨がやみ、ひろばの前のエントランスでは、フリーマーケット、広田農園さんの野菜、瀬戸千明農園さんのリンゴの販売は、親子連れや地域の方で大盛況でした。
 
この日は11時から「カスミママズ」による演奏が始まり35組の親子でひろば内はギッシリ!!
クラリネット・トランペット・サックス音が鳴り響くと普段聞くことの出来ない音色にみなさんは感動した様子…
なじみのある「ひげじいさん」「げんこつ山の狸さん」を生演奏で楽しみました。
音楽が心地よかったのか寝てしまうお子さんもいました。
 
カスミママズより「沢山の方に来ていただいて、すごく嬉しかったです。小さいお子さんが多くて飽きてしまうか心配でしたが、笑顔で聞いてくれていたので予定していた演目をすべて出来ることが出来ました」
 
音楽を楽しんだ後は目玉商品のベビーカーの抽選会です。
4名の申込みがありスタッフとのじゃんけん大会を開催し、勝ち残ったママからは「ありがとうございます。すごい嬉しいです。」とのコメントがありました。
 
 参加者より 
楽しかった、自分も楽器をやっていたのでやりたくなった。
子どもがおとなしく聞いていたのでびっくりしました。
本格的な楽器が見られて良かった。
 

地域の方が「普段は他の場所に寄付をするのだけれど、ここに持ってきても良いかしら?」と寄付の品を持ってひろばへ来ていただきました。
 
 
多くの方にご来場いただき今年も笑顔あふれる感謝デーになりました。
ご来場および協力していただいた皆様ありがとうございます。
収益はひろばの運営費に大切に使わせていただきます。
 
 
避難訓練(六ツ川ひろばレポート)
2015-09-23
写真は、安全確保&おんぶひもの使い方
 
9月2日に行われた避難訓練は8組の参加でした。
1時30分頃にスタッフから避難訓練(地震の想定)の進行の説明(地震の合図にアラーム音が鳴る)をし、安全確保のためにダンゴムシのポーズの練習を来所者全員で行いました。
 
みんなで「いつ合図があるか、ドキドキするね」と和やかな雰囲気で話をしていると、地震発生合図のアラーム音が鳴り始めました。
 
スタッフの声でひろば中央の安全な場所に集まり安全確保!!
ママたちは、お子さんを抱えるように丸くなり、スタッフがべッドマットやシートなどを上にかけます。
 
スタッフはみんながマットに収まったことを確認し、揺れが収まる(アラーム音終了)まで一緒にマットの中へ入り、不安が少しでも軽減できるように中から参加者に声をかけ続けます。
「もうすぐ揺れが終わるよ」「大丈夫だよ」「みんながいるからね」
「もうちょっとだよ、がんばろうね」

揺れ(アラーム音)が収まったら、スタッフは外の様子の確認と、ラジオでの情報収集をし、参加者の皆さんへお知らせします。(火災なし、震度6、同程度の余震の可能性有りとの想定です)
マットの中は熱がこもり暗くてお子さんだけではなくママたちも息苦しかった様です。
訓練ではありましたが、みなさん終了してホッとした様子でした。
 
その後、余震の可能性や、実際の地震が来たときのひろば内での取り組み、備蓄品についてスタッフが説明をして避難訓練の終了です。
 
避難訓練の後でおんぶひもの使い方をひろばで説明しました。
スタッフが実際におんぶひもを使いお子さんをだっこして、ひものかけ方を説明、
座って聞いていた方も立ち上がって、前や後ろのおんぶの様子を興味深くみていました。
その後も、ひろばの中でママたちは実際に大きな地震が来たらどうするかお話が続いていました。
防災について考える良い機会になったようです。
 
 
参加者の感想
 
*際に地震が来たらまず親が子どもを守る。落ち着いた判断が出来るように心がけたいと思います。もう一度防災バックを詰め直してみたいと思います。貴重な体験でしたありがとうございます。 Sさん
 
なかなかこういう機会がないとやってみることがないのでいい体験になりました。頭を低くする姿勢を保ち続けるのも子どもにとっては難しくどうサポートして子どもを守っていいのか改めて考えようと思いました。S.Kさん
 
普段過ごしている場所でみんなで地震について考えられたのが良かったです。実際にどういう対応をするのか分かって安心しました。Y.Uさん 
 
 
保育士相談(六ツ川ひろば)
2015-09-23
8月31日の保育士相談は18組が参加し、井土ヶ谷保育園 育児支援担当 三好三恵先生からトイレトレーニングについてお話が進められました。
4月の蒔田ひろばでの保育士相談(*ひろばレポートで詳細を見ることができます)と同じテーマでしたが、参加者のお子さんの年齢は1才児も多く、トイレトレーニング(オムツ外し)に関心を持っていると感じました。
 
元おねしょマンを自称の三好先生は、「おもらししてしまった時の気まずい気持ちは誰よりわかる。失敗しても、怒らないで。今できていることをほめてあげてほしい。排泄も自立の一つ。自立は行動と気持ちが伴っていないとできない。ほめてあげることにより、自信を持ち自立できるようになってきます。
焦らないでお子さんの状態を見て、トイレトレーニングの始め時を見極めることが成功のポイント。そして、ママがゆったりと余裕を持って接することが大事」とママたちに力説。

お楽しみタイムでは、ひろば全員で手遊びを楽しみ、変わり絵で盛り上がりました。
<<特定非営利活動法人 さくらザウルス>> 〒232-0044 神奈川県横浜市南区榎町1-1-5 フレア吉原1F TEL:045-711-4666 FAX:045-711-2665